人妻エロ同人 ミルフグロス

人妻・熟女向けエロ同人専門サイトです。夫がいるのに浮気している奥さんやパパ活で痛い目にあった若妻、未亡人まで様々な趣味趣向に合うエロ同人やエロ漫画をご紹介します。更に人気作家やサークル情報まで分かり易く掲載。日々のオカズ探しや抜ける色気たっぷりの人妻や熟女のフォロモンをご堪能下さい。FANZAなら無料ダウンロードあり。

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

[PR] おしりに1がある日は10円day
[PR] ギンギン何発も出せちゃう!?アルギニン・亜鉛サプリ
人妻・熟女・結婚前のエロ同人コミックの紹介サイト!毎日更新中♪
【PR】新規会員登録
以前、寝取らせ癖のある夫は妻の「佳織」をヤリ目バーへ送り出した。そして思惑通りに男達にお持ち帰りされて3Pプレイをしてきた妻の話を聞きながらセックスで愛情を確かめ合っていた。しかし、その男の1人と連絡を取り合っていることを知らされる。満更でもない表情でデートへ行きたそうにする妻を咎めることが出来ずに再び送り出してしまう。それならばずっと妻の寝取られる瞬間を見たい夫は妻の後を尾行する。ところが、目の前には夫のことなど忘れて他人の肉棒でメスへと変えられていく妻の姿があった!? ...
学生の主人公は登校に1時間かかる距離を近所に住む「ミカ」が勤務先が近いということで毎日送ってもらっていた。「ミカ」は叔父の奥さんで話しやすく密かに憧れを抱いていた。そんなある日、会社の同僚に間違えて自分たちのエッチなDVDを貸したかもしれないという話を聞かされる。衝撃的な話に困惑していると映画のDVDを借りにいくことになってしまう。そんな訳あるはずないと思いつつもどこかで期待していた主人公はDVDを再生すると…。 ...
家賃を払うために探偵を始めたビッチの「イエヤス」。身体を使って情報収集から猫探しの依頼までを効率よく終えていた。その帰り道で困っている男性に出会う。そして男性の婚約者が行方不明になったと聞いて依頼を受けることになる。しかし、なかなか有力情報にたどり着かない「イエヤス」は寝たふり作戦を思い付く。…無事さらわれた「イエヤス」はそこで壁尻肉便器にされている婚約者を発見するのだった!近未来で生きるサバサバ系ムチムチ女子の性生活。 ...
夏休みに入り田舎で暇を持て余していた主人公。そこへチビたちを連れて叔母が帰郷してくる。強気な性格の叔母はこんがりと小麦色に日焼けしており、主人公の ”指示通り” に仕上がっていた。家の者たちが出掛ける中、暑苦しい部屋に叔母と2人きりになるやその豊満なボディを余すことなく堪能する。そして悔しくも甥のモノ以外ではイけない身体の叔母はジメジメした夏の日差し陰で快楽に没頭していく…。親戚に手を出すクズ系の甥と叔母の2人だけの背徳関係。 ...
「ケンタ」は両親と3人暮らし。しかし、息子の「ケンタ」は母親に家族以上の感情を抱いていた。そんなある日、父が単身赴任へ出かけたのをきっかけに胸の内を打ち明けるのだった。エロい母の身体に居ても立っても居られない「ケンタ」は欲望のまま母親に襲いかかる。何度もセックスを繰り返していると、やがて抵抗も薄れてしまい気づけば息子とガチハメ交尾に没頭してゆく! ...
真面目な優等生の「裕太」は連日家に男を連れてきてはセックスに明け暮れる淫乱な姉と母に悩まされていた。そんなある日、家族が留守中に清楚系な彼女と念願の初体験を済ませる。喜びに浸っているとそこへ巨乳を見せ付けながら姉が乱入して来る。以前から弟のモノを狙っていた姉はゴム無しで自らのワレメに打ち込む。その余りもの気持ちよさに驚愕していると、その様子を見ていた母が負けじと息子に跨って来るのだった。抵抗したくても彼女よりも気持ちの良いセックスを知ってしまい、抗うことができないまま禁断な近親行為に突き進んでゆく。 ...
優しい夫と結婚して幸せに暮らしていた主婦の「さくら」。しかしその平穏は、隣へ引っ越してきた元担任の男によって崩れ去る。実は学生時代に担任から無理やりレ●プされて生オナホのように毎日弄ばれていた。そして逃げるように上京して今の生活を手に入れたのだが、過去の事をネタに再び肉体関係を要求してくる。幸せを守る為に条件を飲む「さくら」だったが、身体に刻まれた快楽はそう簡単に消えるものでは無くあっけなくメスに堕とされてしまうのだった。 ...
育ての親のような存在の兄貴が亡くなってしまった主人公。その恩を返す為、兄貴の妻の「由良」と娘の家族をサポートすることに決めた。そうして1年が経ったある日、同僚から ”俺なら見返りに食っちまうけどね。お人好しすぎるだろう、お前” と言われてしまう。思いも付かなかったことに葛藤しつつも欲が勝った主人公は「由良」にある条件を提案するのだった。元夫のモノしか知らない未亡人の義姉との背徳な関係が始まる…。 ...

↑このページのトップヘ